Skip to content
4月 27 / rakkyoo

辞書アプリ「Dictionary.app」で「英辞郎」を使えるようにしてみる

macで英辞郎が使えないかと常々思っていたのですが,しっかりとできるようにしてくれているのですね.
やり方は,ここ↓

に書いてあるとおりで簡単にできました.

以下,自分用に備忘録です.

1.英辞郎を買う

英辞郎の辞書データをここから買います.

1980円で,今現在Ver.133が最新です.
せっかくなので,最新のデータを久々に購入しようかなと思い,私は,infopot経由で購入して,すぐにゲットできました.

2.英辞郎を解凍

infopot経由で購入すると,「EDP-133.ZIP」がダウンロードされるので,解凍します.
解凍すると,,,
EDP-133.ZIP
    |— EIJIRO
    |    |— EIJI-133.TXT
    |    |— REIJI133.TXT
    |    |— RYAKU133.TXT
    |    |— WAEI-133.TXT
    |
    |— PDIC-UNI
        |— EIJI-133.DIC
            ・
            ・
            ・
っという感じになります.ここで今回使うのは「/EIJIRO/*.TXT」ファイルのみです.

3.テンプレートフォルダをコピー

ここから先は,上記サイトに書いてあるとおりに進めるだけです.
まずは,project_templateフォルダを適当な場所にコピーするだけ...
私は,ホームに「temp」フォルダを作って,そこで作業を行ったので,

1
2
$ mkdir ~/temp
$ cp -r /Developer/Extras/Dictionary Development Kit/project_templates ~/temp/

としただけです.

4.コンバートファイルをダウンロード

ここから「eiji_conv009.zip」をダウンロードして解凍します.
解凍したファイルを,「project_templates」フォルダにコピーすればOKです♪

5.略語郎を修正

terminalで作業ディレクトリに移って

1
$ cd ~/temp/project_template

から,

1
$ ruby -Ks ryaku_conv.rb < RYAKU133.TXT > Ryaku.txt

として,「Ryaku.txt」を作成します.

6.英辞郎と略語郎のファイルを結合

1
ruby -Ks cat.rb EIJI-133.TXT Ryaku.txt > Eijiro.txt

7.XMLファイルを作成

MyDictionary.xmlを作成します.
ただし,MyDictionary.xmlがディレクトリ内にある場合は,消さないとエラーが出るので,

1
$ rm MyDictionary.xml

としてから,

1
$ ruby eiji_conv.rb < Eijiro.txt > MyDictionary.xml

とするだけ,,,
この作業に,現行のMacBookAirでだいたい30分くらいかかりました.

8.インストールする

あとは,makeするだけで終了です.

1
$ make ; make install

このコマンドを打ってから,ひたすら待つのみです.
ちなみに,私の環境では,10時間くらいかかりました.

結果

無事にできているかチェックです.
実際に,「Dictionary.app」を起動してみると,,,

英辞郎

こんな感じに無事に使えるようになっていました.

ビンワード様,様様です.

相当快適になりました.

[`twib` not found]

Leave a comment

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.