Skip to content
2月 21 / rakkyoo

rubyのソースを表示するために「WP-Syntax 」を入れる

ワードプレスのプラグインWP-Syntaxを入れました.
rubyのソースを貼りたいときに,簡単に晴れるみたいです.
rubyだけではなくて,いろいろな言語のソースを色分けして貼ることができるみたいですが,まずはRubyで試してみます.

ソースをで囲んで,最後にで閉じるだけです.
ここで,

  • langはプログラムの種類を指定するところ.
  • lineは開始行数を指定するところ.

といった感じです.具体的には,

 ※ここにソースを貼り付けるだけ※

こんな感じで書けばOKです.

試しに使ってみると,

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
# -*- coding: utf-8 -*-
 require "gnuplot"
 
Gnuplot.open do |gp|
	Gnuplot::Plot.new( gp ) do |plot|
		plot.title  'test'
		plot.ylabel 'ylabel'
		plot.xlabel 'xlabel'
 
		x = (-100..100).collect {|v| v.to_f}
		y = (-100..100).collect {|v| v.to_f ** 2}
 
		plot.data << Gnuplot::DataSet.new( [x, y] ) do |ds|
			ds.with = "lines"
			ds.notitle
		end
	end
end

こんな感じです.
ちなみに,このソースは,gnuplotをrubyから使ってみたものなのですが,これについては後述します.

なかなか快適になりました.

[`twib` not found]

Leave a comment

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.