Skip to content
12月 12 / rakkyoo

ロリポップでpukiwiki使用時に閲覧認証をかける

このサイトは,レンタルサーバーとして,ロリポップを使っています.

初心者にはとっても使いやすくて,初めて契約したレンタルサーバーとしては申し分ないです.
この,ロリポップ!
は「簡単インストール」という機能があり,以下のようなサービスが簡単にサーバー上にインストールできます.
ロリポップ ユーザー専用ページ  簡単インストール アプリ一覧 1
このブログも,このサービスでインストールした「Wordpress」を使っているのですが,今回グループで編集する事が必要となったため,「pukiwiki」を入れてみました.

インストールはサイトに書いてあるとおりで,本当に簡単.
一瞬で作れます.

閲覧認証の設定

インストールしたpukiwikiなのですが,パスワードで管理した閲覧認証を行いたいなと思い,設定をしてみました.
設定方法は,

ここに書いてあるとおりで,
「pukiwiki.ini.php」をちょこっと書き換えるor追記するだけでできるはずなのですが...

    「$auth_users」にユーザー名とパスワードの連想配列を追記して
    「read_auth = 1;」として閲覧認証フラグを指定して
    「$read_auth_pages」に閲覧認証対象パターン定義

したのですが,うまくいきません.
アクセスしたときに,ログイン用のダイアログボックスは出てくるのですが,何度やってもログインできず,いろいろと調べていたら,ロリポップのPHPは「CGI版PHP」とのことで,通常の閲覧認証設定だけではだめみたいでした.

そこで,

ここに作成してくれている「login.inc.php」を入れればできるようになるとのことなので,試してみました.

方法としては,

  • plugin/ に添付ファイルの login.inc.php を追加
  • lib/auth.php を添付ファイルの auth.php に置き換える
  • 以下を pukiwiki.ini.php に加える

    /////////////////////////////////////////////////
    // for login.inc.php
    $auth_type = ‘session’;
    session_start();
    session_regenerate_id(TRUE);

これだけです.元のサイトのリンクが私がダウンロードしようとしたときは切れていたのですが,

ここからダウンロードすることができました.
書いてあるとおりに設定をしたら無事に閲覧認証をかけることができました.

ひとまず,目標達成です.

Leave a comment

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.