Skip to content
12月 4 / rakkyoo

rubyのバージョンがごちゃごちゃに


rubyの1.9を入れたのですが,macに元々入っているrubyはバージョン1.8,上書きされるわけでは無いためにごちゃごちゃになっていました.
先日,SQLite用のパッケージをgem経由でインストールしたはずなのですが,irb上ではパッケージを読み込めるのに,ソースを書いて実行するとできない,っといった症状でした.
調べてみたら,バージョン1.8と1.9がごちゃごちゃになっているだけでした.


ただただ,ruby1.9をmacports経由でインストールしただけの私の環境では,test.rbというソースファイルを実行するときは,

$ ruby test.rb

   ←ruby1.8で実行される
$ ruby1.9 test.rb

   ←ruby1.9で実行される

となっています.

それはわかっていたのですが,「irb」や「gem」についても,「1.9」を後ろにつけないといけないということを知りませんでした.

パッケージをgem経由でインストールするときは,ruby1.9にインストールしたい時は,

$ sudo gem1.9 パッケージ名

っとしないといけないみたいです.

SQLiteを動かすためのパッケージ

    sqlite3-ruby
    dbi
    dbd-sqlite3

は全部ruby1.8にインストールされていました.

もう一度すべてインストールし直して(「sudo gem1.9 ・・・」っとして)

無事に動くようになりました.

蛇足ですが,パッケージをrequireしてもエラーが出る場合には,gemのlistを見てみればすぐにインストールされているかわかるのですね.

Rakkyoo  bash  100×40
無事にインストールされていて,一安心です.

[`twib` not found]

Leave a comment

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.