Skip to content
10月 31 / rakkyoo

Python Imaging Library (PIL)をインストール

簡単な画像処理をPython経由で簡単に行いたいときは,「Python Imaging Library (PIL)」が一般的というので,入れて試してみました.

インストールは,とっても簡単です.
上記サイトから直接ダウンロードして,,,
スナップショット 2012 10 31 18 08
PIL1.1.7の「Python Imaging Library 1.1.7 Source Kit (all platforms) (November 15, 2009)」です.

解凍したら,このディレクトリに移動して,,,

1
$ cd ~/Download/Imaging-1.1.7

setup.pyをするだけです.

1
$ sudo python setup.py install

試しに,

1
$ python

としてから,

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
Python 2.7.2 (default, Jun 20 2012, 16:23:33) 
[GCC 4.2.1 Compatible Apple Clang 4.0 (tags/Apple/clang-418.0.60)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import Image
>>> im = Image.open("temp.jpg")
>>> print im.info
{'jfif_version': (1, 1), 'jfif': 257, 'jfif_unit': 0, 'jfif_density': (1, 1)}
>>> print im.format
JPEG
>>> print im.size
(480, 854)
>>>

こんな感じに,いろいろと画像の情報が見えます.

1
print im.histogram()

とすれば,ヒストグラム情報も取得できるし,
画像のサイズ変更やpixel情報へのアクセスも簡単にできます.

簡単な画像処理ならば,相当簡単です.

[`twib` not found]

2 Comments

Leave a comment
  1. Shigeru Shimada / 6月 5 2013

    指示通りのインストールを試みましたが、下記のエラーになり悩んでいます。
    初歩的なトラブルで申し訳ありません。

    SSMBP15-3:~ shimada$ python
    Python 2.7.2 (v2.7.2:8527427914a2, Jun 11 2011, 15:22:34)
    [GCC 4.2.1 (Apple Inc. build 5666) (dot 3)] on darwin
    Type “help”, “copyright”, “credits” or “license” for more information.
    >>> import Image
    >>> im = Image.open(“temp.jpg”)
    Traceback (most recent call last):
    File “”, line 1, in
    File “/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/site-packages/PIL/Image.py”, line 1952, in open
    fp = __builtin__.open(fp, “rb”)
    IOError: [Errno 2] No such file or directory: ‘temp.jpg’
    >>>

    • rakkyoo / 6月 11 2013

      コメントいただいたのに,気づかず申し訳ありません.
      「No such file or directory: ‘temp.jpg’」
      っということは,作業ディレクトリ上に「temp.jpg」がないのではないでしょうか?
      $ ls temp.jpg
      として,「No such file or directory」と返ってくれば,ファイルが存在しないのだと思います.

Leave a comment

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.