Skip to content
8月 4 / rakkyoo

PythonのNumpyをインストール(OS X 10.8)

「データ処理」と「データのプロット」をしたければ,Octaveでも事たりるのですが,データベースとの接続などの拡張性を考えると,「python」はすごく魅力的です.今まで使ったことなかったのですが,環境を整えて,使ってみることにしました.

「Python」のバージョンは3系がメジャーになりつつあるとのことなのですが,今回はNumpyを使いたかったため,2.7の環境を整えました.

っといっても,とっても簡単で,2ステップです.

1. MacPortを使って,Python2.7をインストール

1
$ sudo port install python27

2. Numpy他の環境を作る
難しいことはよくわからないので,すべておまかせでインストールです.

ここに書いてあるとおりに,

1
$ curl -o install_superpack.sh https://raw.github.com/fonnesbeck/ScipySuperpack/master/install_superpack.sh

としてから,

1
$ sh install_superpack.sh

以上で終了です.とっても簡単です.

試しにグラフを書いてみると,

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
# -*- coding: utf-8 -*-
from pylab import *
 
subplot(211)
x = arange(0, 5, 0.1)
y = cos(x)
scatter(x, y)
legend(('legend',)) # 凡例
xlabel("Time [s]", fontsize=15) # x軸のタイトル
ylabel("temp", fontsize=15) # y軸
title("test", fontsize=25) # タイトル
xticks(fontsize=15)
yticks(fontsize=15) # yの目盛
grid()
 
subplot(212)
x = arange(0, 5, 0.1)
y = sin(x)
scatter(x,y)
legend(('test',))
xlabel("Time[s]", fontsize = 15)
ylabel("Temp", fontsize = 15)
xticks(fontsize=15)
yticks(fontsize=15)
grid()
#savefig('test.png')
show()

結果は,
Figure 1
subplotも何なく使えて,pythonがmatlabみたいになりました.

とっても快適です♪

[`twib` not found]

Leave a comment

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.